FC2ブログ
式場選び
彼の夏休み利用して東京の式場めぐりをしてきました。

地方だから、東京だから、という偏見は持たないようにという
心構えで浜松の会場もいくつか回ってみましたが…

やっぱり質とレベルが違いました。。。


いろいろ悩み中だけど、浜松はないな、という結論だけは
出ましたよ。



今回東京で回ったのは
ホテル二件
ハウスウエディング一件
式場一件


まず場所を絞る時に、せっかくだからわかりやすく東京らしくて
少し非現実感が味わえるところ、自分達にゆかりのあるところと
考えてホテルは新宿とお台場から一件ずつピックアップ。


●京王プ○ザ
 二人が出会った新宿。
 新宿の中でも以前泊まった時に歴史あるホテルという感じの落ち着きと
 それに見合う対応の良さが印象に残っていたので。
 会場を見学すると高層階で見晴らしがよく都庁が目の前!
 

●ホテルグランパシフィックメ○ディアン
 お台場。
 去年のクリスマスここに宿泊して近くの観覧車でプロポーズされたから☆
 会場からはレインボーブリッジが見えてロケーションはこちらも最適。
 ロビーやウエディングサロン、メイクルームなんかが
 どこもかしこもシャンデリアキラキラ、ロマンティックな内装。
 でも肝心の会場はちょっと狭くてテーブルコーディネートも
 好みではなく、あまり融通がきかないようで変更もできなそう。


この二つは平日に相談だけ行ったので、本番の会場コーディネートや
演出等は何も見れていません。
やっぱり観てみないとわからないので、他に気になる会場がなければ
来月イベントに参加しようかと考えていたところ……


●CELES高田馬場
 ゼクシィを観て気になって行ってみた専門式場
 高田馬場という場所は微妙で駅周辺もゴミゴミしているけれど
 式場まで徒歩一分なので無視しようと思えば無視できる範囲。

 そして、会場から演出からスタッフの対応から言うことなかった!!!!

 まず模擬挙式がすごい。
 チャペル自体が今までに見学したどこよりも大きい。
 雰囲気も厳か。
 演出がまた、こんな派手な式見たことないよ!て感じでびっくりでした。
 大抵結婚式ってお決まりの流れでさらっと流れて
 メインは披露宴、って感じだけど
 ここは式自体もひとつのイベントとして盛り上げてた。
 すごく記念になりそう。

 披露宴会場も内装やテーブルコーディネートがとても好みだし
 1フロア貸切だし
 試食会でのウエイターさん達も徹底的に教育されていた。
 安心してまかせられそう。

 私達についてくれた担当スタッフも
 ずっと求めていた歯切れがよくて適度に明るくて
 テキパキとデキる感じの女性。
 今まで他で会ったのは浜松のはもう問題外として
 のんびりおっとりした女性とか
 気さくだけどちょっとヌケてるおばさまスタッフとか
 熱くて熱心だけどちょっと押し付けがましい男性とか
 テンション高くて親しくなろうとしているのかいきなり雑談始める
 若い女の子とか

 こんなもんなのかな~~と首をかしげていたのだけど
 ここのスタッフはみんなきちんとしてました。


 見積もりはね、やっぱり一番お値段張っててはやくも
 予算オーバーだけどね…
 家帰ってから他のとこと比べると会場費とか介添費とかチャペル式費用とか
 どうしてもかかってくる部分はむしろ他より安いの。
 たぶん写真とかDVDとか自己満足の部分が高くて、
 それは自分達でどこまでやるか検討するべき部分で。
 それに写真の枚数とかは値段の分ちゃんとすごいから別にぼったくりではなくて。
 他でも同じ事やると同じくらいの値段になるんじゃないか、と
 彼と話してます。

 あとドレスがね、他と同じような値段で用意しても
 レンタルではなく自分のサイズで作ってくれてなんと買取なんだって。
 そのままもらっていいんだって。
 どうせ高い料金出すなら返しちゃうよりもらえたほうが嬉しい。
 もう着ることはないにしても。
 有料でリメイクしてパーティードレスにする手もあるし。


てことでかなりここに気持ちが傾いてます。
もう一件池袋でハウスウエディングの会場も見たけど
高田馬場を見たら断然そっち。
あとはまだイベントを見てないホテル二件と
浜松でこれから見る予定だったゲストハウスが
ちょっと気になってるところ。
最後のダメ押しで一応見ておきたいってくらいなんだけど。

しかしよく一件目で決めちゃった、っていう話も聞くので
ほんと不思議です。
どうやったら決められるんだーーー。


 
スポンサーサイト



【2006/08/22 11:47 】
けっこん | コメント(0) | トラックバック(0)
プロポーズ??
7月28日。
たまたまうちの妹の誕生日。

それとは関係なく(笑)この日はケーキを用意しました。


浜松が発祥らしいキルフェボン、
プロポーズの日はここのケーキを買おう、と楽しみにしていて
私はてっきりピースだと思っていたのですが
彼がホールでフルーツタルトを予約していてくれました。

びっくりだ!!

食べきれるの!??って思ったけど心配いりませんでした。
甘すぎなくてフルーツのおいしさが際立ってて
すごくおいしかった♪♪


一応、これがサプライズといえばサプライズだったかなー(笑)


あとはお互いそのつもりなので
部屋を間接照明にしてブライダルフェアで頂いた
シャンパンを開けて準備万端。


で、でもなんだかなーーー。

一応、彼は「結婚してください」とお決まりのセリフを言いながら
指輪をくれたのだけど
なんか冗談ぽかったというか
とりあえずセリフを言ってみたというか…

本気…??

と首をかしげたくなる微妙な感じだった…。

そりゃ、さんざん一緒に指輪選んだし
親への挨拶も済んでるし
ものすごくいまさらではあるんだけどさーーー


なんか改めて
これから結婚するんだっていう気持ちを込めた
彼なりの言葉がもらえたらなぁって思ってたんだ。

別にクサいセリフとかロマンチックなセリフじゃなくて
いいからさ。

じんわりと感動しちゃうような瞬間を期待していたのだけど
こ、こんなもんかー…
一生一度のプロポーズなんてさぞかし感激するだろうと
期待して色々セッティングしてみたけど不発な感じでした…。



余談ですが

その次の日とあることで大喧嘩。。
彼ってば指輪もくれた後なのに「結婚考え直す」くらいのことを
言い出す始末。

私は喧嘩しても結婚は彼以外ないと思っているから
悲しくて泣いた。

その次の日、まぁ仲直りしたわけですが

一緒に「熟年離婚」がテーマのTV番組を見ていたら
「neneに熟年離婚されないように気をつけなきゃな。
 昨日みたいに怒っちゃいけないな」と彼。

二人が結婚してることが前提の言葉。

なんかこの言葉の方が、すごくリアルなプロポーズに
聞こえちゃったりしたのでした××



【2006/08/03 19:01 】
けっこん | コメント(4) | トラックバック(0)
| ホーム |